Google検索

聖剣伝説3 パーティ編成の一例:
クラス1のみ


クラス1で最後まで戦いたい人への指南書(を目指したい)
縛りは特に無く「ケヴィン攻撃力バグ」以外はほぼ全て使うものとする。
通常プレイの範囲内であるクラス2プレイやクラス3プレイとは違い
「女神像周辺でどのアイテムを補充する手間を省くか」より
「如何に要所にある難所を突破出来るようにするか」が最大の肝となる。



役割分担はややカツカツであり、基本的にクラス1内で最高攻撃力の
前衛と後衛を組み合わした「ケヴィン/アンジェラ」軸で強烈に圧縮する必要はある。
一応「デュラン/アンジェラ」「ホークアイ/アンジェラ」「リース/アンジェラ」軸でも
クリア出来ない訳では無いが、シャルロットを入れるスペースが出来るかどうかギリギリである。
「ケヴィン/デュラン」「ケヴィン/ホークアイ」「ケヴィン/リース」軸や
「デュラン/ホークアイ」「デュラン/リース」軸も一考ではある、
これらの場合、総合火力的に後衛はアンジェラ確定だろうか。
逆に「ホークアイ/リース」軸は火力不足となり、ケヴィンかアンジェラか
シャルロットの仕事量が急激に増えかなりの上級者向けになると思われる。
なお「アンジェラ/シャルロット」軸の用心棒は恐らくケヴィンかデュランと二択となる。

役割一覧
物理アタッカー [ケ]グラップラー(獣化,二回攻撃,中リーチ):インファイト型
[デ]ファイター(高STR,長リーチ):ヒット&アウェイ型
[ホ]シーフ(二回攻撃,短リーチ):インファイト型
[リ]アマゾネス(高STR,中リーチ):
インファイト、ヒット&アウェイランダム可変型
[ア]マジシャン(長リーチ):ヒット&アウェイ型
魔法アタッカー [ア]マジシャン
(奥義の書媒体,秘伝の書媒体,
高INT,高PIE,六色基本攻撃魔法/
六色コイン,六色精霊像,四色牙/
アサシンバグの瞳/ゴーストの瞳奥義の書/秘伝の書)
[シ]クレリック
(高INT,高PIE,六色コイン,六色精霊像,四色牙/
アサシンバグの瞳/ゴーストの瞳/奥義の書/秘伝の書)
[リ]アマゾネス
(高INT,高PIE,六色コイン,六色精霊像,四色牙/ゴーストの瞳/奥義の書/秘伝の書)
[ホ]シーフ(六色コイン/ゴーストの瞳/四色牙/奥義の書/秘伝の書)
[デ]ファイター(ゴーストの瞳/バジリスクの牙/ハーピーの牙)
[ケ]グラップラー(ゴーストの瞳/バジリスクの牙/ハーピーの牙)
特技アタッカー [ホ]シーフ(高DEX,悪運のサイコロ媒体,飛び道具/悪運のサイコロ)
[リ]アマゾネス(高DEX,飛び道具/悪運のサイコロ)
[ケ]グラップラー(パンプキンボム/悪運のサイコロ)
[ア]マジシャン(パンプキンボム)
[シ]クレリック(パンプキンボム)
ヒーラー [シ]クレリック
(お菓子/薬品,高PIE,,お菓子/薬品,
ヒールライト/ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[デ]ファイター(君主の証媒体,お菓子/薬品)
[ア]マジシャン
(お菓子/薬品,高PIE,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[リ]アマゾネス
(お菓子/薬品,高PIE,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[ホ]シーフ(お菓子/薬品,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[ケ]グラップラー(銀狼の魂媒体,お菓子/薬品)
バッファー [リ]アマゾネス(ブリーシンガメン媒体)
[デ]ファイター(聖騎士の証媒体)
[ケ]グラップラー(金狼の魂,銀狼の魂媒体)
[ホ]シーフ(幸運のサイコロ媒体)
全員
(四色鱗,ブリーシンガメン/
ぱっくんの油/マタンゴの油/ドリアードの像)
(六色爪/カーミラ爪/クロウラー爪,銀狼の魂)
デバッファー 無し

全員
(スライムの瞳,バットムの瞳,ビーの瞳,
シャドウゼロの瞳,スペクターの瞳)
(チビデビルの瞳→雑魚)
(月のコイン→ボス)
耐性防具 [リ]アマゾネス(風神の腕輪媒体,[毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪)
[ホ]シーフ(毒蛇のピアス媒体,[毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪)
[ア]マジシャン([毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪)
[シ]クレリック([毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪)
[デ]ファイター([黙]風神の腕輪)
[ケ]ケヴィン([黙]風神の腕輪)
物理タンク [ケ]グラップラー(HP/防御耐え)
[デ]ファイター(HP/防御/回避耐え)
[リ]アマゾネス(HP/防御/回避耐え)
[ホ]シーフ(回避耐え)
[シ]クレリック(ヒールライト耐え)
魔法タンク [リ]アマゾネス(HP,魔防,クラス1補正耐え)
[シ]シャルロット(回復魔法/魔防,クラス1補正耐え耐え)
[ケ]グラップラー(HP,クラス1補正耐え)
[ア]マジシャン(魔防,クラス1補正耐え)
[ホ]シーフ(クラス1補正耐え)
[デ]ファイター(クラス1補正耐え)
物魔両受けタンク [ケ]グラップラー(HP,クラス1補正耐え)
[デ]ファイター(HP/回避,クラス1補正耐え)
[リ]アマゾネス(HP/防御/回避/魔防,クラス1補正耐え)
[シ]シャルロット(回復魔法/魔防,クラス1補正耐え)



相性一覧
[デ]
[ケ]
[ホ]
[ア]
[シ]
[リ]
[デ]ファイター A B A A A
[ケ]グラップラー A B A A A
[ホ]シーフ B B A A A
[ア]マジシャン A A A A A
[シ]クレリック A A A A A
[リ]アマゾネス A A A A A
備考・考察
ケヴィンとデュラン・アンジェラ・リースの相性補完力が特に高いのに注目。
四人共、クラス1では終始火力元となる重要なファクターとも言える。

この中でもホークアイの力不足がやや浮き彫りとなるが
中盤までの物理攻撃係と、後半の飛び道具攻撃&???の種要員と割り切るか。
一応ホークアイでもシャルロットより物理攻撃力が高い点では救いはある、
けれども素ではたった10しか差が無いのと光ホークアイ用のCCアイテムがやや弱いのが目立つ。
「アイテムユーザーで通過点、でもその気になればこのまま通用する」
という点では「FF1のシーフ」に通ずる。
最終的にはヒーラーと攻撃魔法アイテム係位しか特に仕事が無い
シャルロットの扱い方が肝とも言える、その分彼女は
『ヒールライト』と『聖水の小瓶』だけでも十分お釣りは出るのが悩ましい。



パーティ表の雛形も兼ねる
クラス1能力比較表
キャラ名 クラス名 最終
攻撃力
最終
防御力
最終
回避率
最終
知魔防
最終
精魔防
耐性
最大
[力]STR
最大
[速]DEX
最大
[体]CON
最大
[知]INT
最大
[精]PIE
最大
[運]LUC
デュラン ファイター 181 93 23 45 45 ([黙])
12 10 11 8 8 8
ケヴィン グラップラー
(ウェアウルフ)
155
(178

237)
93 21 44 44 ([黙])
10 9 12 8 8 8
ホークアイ シーフ 142 92 27 46 46 ([毒]
or
[黙])
9 12 9 9 9 12
アンジェラ マジシャン 132 91 21 51 48 ([毒]
or
[黙])
8 8 8 12 11 10
シャルロット クレリック 132 91 21 48 50 ([毒]
or
[黙])
8 8 8 11 12 11
リース アマゾネス 168 92 24 47 47 ([毒]
or
[黙])
11 11 10 10 10 9
備考・考察
某所にもある表ですがあると便利なので追加、
デザインは当ブログオリジナルなのと能力ランク評価無しなのが相違点。
一応、丸写しは駄目なので殆どを参考サイトを見ながら一々計算しています。
防御性能はHPで差別化されており思ったよりどんぐりの背比べだが、
物理攻撃力は既に大きな差があるのが特徴。
なおクラス1縛りでは、風神の腕輪の効果があるのは
実質ほぼアンジェラとシャルロットのみとなる。
(沈黙で魔法アイテムが使えなくなるならば話は別だが)
2017/1/6追記:匿名様の情報により獣人化ケヴィンの攻撃力補正値を修正。



[基本][デュラアン編][ケヴィシャル編]
ケヴィンワンマン
主人公
(仲間1)
ケヴィン グラップラー
(ウェアウルフ)
155
(178

237)
93 21 44 44 無し
10 9 12 8 8 8
仲間1
(主人公)
アンジェラ マジシャン 132 91 21 51 48 無し
8 8 8 12 11 10
仲間2 シャルロット クレリック 132 91 21 48 50 無し
8 8 8 11 12 11
備考・考察
クラス1縛りでは最も基本的なパーティであり、
「耐性防具、物理回避率、飛び道具攻撃、ホクリ編」以外の全ての要素を網羅している。
しかし『ダークリッチ』は三体のラスボスの中でも最も弱いとはいえ、側近の『死を喰らう男』が難敵で
アンジェラを主人公にして『ヒュージドラゴン』を狙った方が良いかもしれない。
この表ではケヴィンの攻撃力が平常値だが「ケヴィン攻撃力バグ禁止」時のデータによるもの、
裏技・仕様として彼が戦闘中獣人化する途中でバレッテの鱗やちびっこハンマー等を彼に投げると、
敵の攻撃へのカウンターが発動し物理攻撃力が「237(1.15倍+1.3333倍)」まで上がるので十分な火力を得られる
ものの、もしこれで物理攻撃力が足りないと思ったら
シャルロットを前衛三人から選んで変えて補うのも視野に入る可能性あり
先ずは、リースに変えて一つ下のパーティになるだろうか。
しかもこのパーティに不可欠な『クロウラーの爪』が手に入らなかったら『銀狼の魂』がその代わりになる。
このパーティならばセーブデータ分けによる、クラス2での通常プレイへも対応出来る。

通常プレイでもゲーム序盤から『獣人ルガー』戦か『ギルダーバイン』戦の中盤まで
一気に押し切るのに普通に通用するのも特徴で、愛用者の多いパーティだと言える。
2017/1/1,1/6追記:匿名様の情報により備考・考察とでーt修正しました、
もしこのパーティでのロケハンで一周出来たらさらに追記したいと思います。



[基本][デュラアン編][ケヴィシャル編][ホクリ編]
「ケヴィン/アンジェラ」軸
不定 リース アマゾネス 168 92 24 47 47 ([黙])
11 11 10 10 10 9
不定 ケヴィン グラップラー
(ウェアウルフ)
155
(178

237)
93 21 44 44 ([黙])
10 9 12 8 8 8
不定 アンジェラ マジシャン 132 91 21 51 48 ([黙])
8 8 8 12 11 10
備考・考察
クラス1縛りで四大強ボス([ラスボス1][ラスボス2][ラスボス3][黒ラビ])を
全て倒したい場合に組まれる編成。 ある程度のコツと前知識が必要とはいえ、
獣人化ケヴィンの物理攻撃力とアンジェラの魔法攻撃力の火力により
クラス1のままでも、一応は全てを押し切る事が可能な点を利用している。
それとリースのCCアイテム『ブリーシンガメン』の存在は重要で
『アークデーモン』の『デモンストリーム』対策に必要不可欠である。
(ドレイク鱗九個では地味に足りない為)

理論上は「ケヴィンへのカーミラ爪、マタンゴ油、ドリアード像」禁止でも
クリア可能なパーティなのか、達成者もそれなりに存在すると思われる。
[参考リンク]:
[ニコニコ動画(ニコビューワ) 聖剣伝説3 クラスチェンジなしアイテム縛り] By aaaさん
なお、クラス3も交えたやり込みプレイでは[ゴッドハンド/ヴァナディース]軸という
最高の雑魚処理係が出来上がる為、アンジェラの各クラスによる
ボス戦での一人撃破チャレンジでも使われるパーティでもある。
(その分、クラス3使用の通常プレイではアンジェラが要らなくなり相性がとても悪い
後衛を[光3アンジェラ/ドラゴンマスター]や[メイガス/フェンリルナイト]にすると
現状のまま相性を良くする方法は無くは無いが)



[応用][デュラアン編][ケヴィシャル編][ホクリ編]
「ケヴィン/アンジェラ」軸、二刀流コンビ型。
主人公 ケヴィン グラップラー
(ウェアウルフ)
155
(178

237)
93 21 44 44 無し
10 9 12 8 8 8
仲間1 ホークアイ シーフ 142 92 27 46 46 [毒]
9 12 9 9 9 12
仲間2 アンジェラ マジシャン 132 91 21 51 48 [毒]
8 8 8 12 11 10
備考・考察
筆者のプレイ方針や癖を最大限活かしたパーティ、その1。
特に『ビルとベン その1』までの攻略速度を重視したパーティなので
ホークアイを何処まで扱えるかがポイントとなる。
前衛の男性陣二人がどちらもインファイト型なので消耗が激しい点を踏まえると
アンジェラによる魔法とアイテムによるサポートはやはり必要不可欠である。
ホークアイも飛び道具アイテムでのサポートをする場面がある可能性あり。
このパーティならばセーブデータ分けによる、クラス2での通常プレイへも対応出来る。
『ブリーシンガメン』が無いので『アークデーモン』の『デモンスクリーム』が怖いが
数々の強力な魔法アイテムとケヴィンの圧倒的性能でどうにか対応したい。

なお、このパーティの主人公と仲間の選別は低LV攻略寄りの場合となる。
クラス2での通常プレイでは各クラスへの熟練にもよるが
全員闇でニンジャをアシストに回す人が多く
全員光か、ホークアイがレンジャーで、
彼を主力か低LV攻略要員にするのは稀である…… 筈。



[応用][デュラアン編][ホクリ編]
「ホークアイ/アンジェラ」軸、物理型
主人公 デュラン ファイター 181 93 23 45 45 無し
12 10 11 8 8 8
仲間1 ホークアイ シーフ 142 92 27 46 46 [毒]
9 12 9 9 9 12
仲間2 アンジェラ マジシャン 132 91 21 51 48 [毒]
8 8 8 12 11 10
備考・考察
筆者のプレイ方針や癖を最大限に活かした場合のパーティ、その2。
至って標準的な面子なので、前衛二人の男性陣二人により
物理攻撃力は十分にある上にホークアイの[速]DEX12を
活かしたクラス1最高威力「パンプキンボム&悪運のサイコロ」
アンジェラの[知]INT12での基本攻撃魔法に
クラス1最高威力「秘伝の書、四色牙+アサシンバグの瞳」や、
[精]PIE11による高回復力の「ポトの油/君主の紋章」によるサポートも可能。
やはりこのパーティならばセーブデータ分けによる、クラス2での通常プレイへも対応出来る。
こちらも『ブリーシンガメン』が無いので『アークデーモン』の『デモンスクリーム』が怖いが
数々の強力な魔法アイテムでどうにか対応したい。

なお、このパーティの主人公と仲間の選別は低LV攻略寄りの場合となる。

4 件のコメント:

  1. >『ダークリッチ』は三体のラスボスの中でも最も弱いのでクラス1縛りの練習にも最適

    確かにダークリッチは最弱ですが、途中で戦うことになる『死を喰らう男』は
    クラス1縛りだと黒ラビ以上の難易度だと思います。

    ・フィールドが狭くて避け辛い
    ・分身合わせて3体で殴り掛かってくるので200×3くらって即死はザラ
    ・魔法を当てると本体は詠唱で止まるが、時々ルーレットデスで即死する
    ・分身2体は無敵で、必殺技を当てても吹き飛ばないし、魔法でも止まらない
    ・スライムの瞳(パワーダウン)を使うと一時的に攻撃力は低下するが、
     いつの間にか攻撃力が戻っている

    1経験者としては、二度とやりたくないです。少なくとも練習に最適とは思えません。

    返信削除
    返信
    1. 貴重なご意見・情報をありがとうございます。
      基本パーティ1[グラップラー/マジシャン/クレリック]の備考を
      あなたの情報を元にある程度修正しました。

      現在、ロケハンで使っているパーティなので
      終盤戦(特に死を喰らう男戦)では覚悟を決めたいと思います。

      削除
    2. 死を喰らう男の追記、ありがとうございます。
      挑戦中とのことなので、頑張ってください。

      別件ですが、

      >裏技・仕様として彼が戦闘中獣人化する途中でバレッテの鱗やちびっこハンマー等を彼に投げると、
      >敵の攻撃へのカウンターが発動し物理攻撃力が「309(1.5倍+1.3333倍)」まで上がるので十分な火力を得られる。

      私の記憶が確かなら獣人化したときは攻撃力が『1.15倍』になって、
      その後 被ダメやアイテム使用により自動でパワーアップ「4/3倍(1.3333倍)」
      が掛かる仕様だったはずです。

      1.5倍を見たとき、最初は弱点属性のセイバー使用時とか、クラス1必殺技の倍率
      の事だと思ってスルーしましたが、よく見るとケヴィンだけに書いてあったので
      獣人化の事を間違えているのでは無いかと思い、報告します。

      削除
    3. ケヴィンの獣化した後の攻撃力補正の間違い訂正、ありがとうございます。
      クラス2光のパーティ編成一例と共に修正後の値にしました。


      [グラップラー/マジシャン/クレリック]は
      初期防具低LV攻略ロケハンでの
      金策失敗データの使い回しですが、
      サルタンまではわりかしスムーズに行けたので
      時間を作って一気に攻略したいなと思っています。
      (SFC版WizBCF盗品売却バグ調査の後が適切そう)

      削除