Google検索

SFC版WizardryBCF
全クラスデータ表[WizBCF/CDS順]


ソートはWizBCF/CDS順となる。

筆者お得意の複数ページに渡る詳細データが先送りという事は
こちらの表が先に来るという事になる。
詳しいマスクデータに関しては得物屋様[http://www.pekori.jp/~emonoya/]や
Metal Page様[http://metal.the-ninja.jp/index.html]を参考にして下さい。



WizBCF/CDS順 | Wiz8順



君主と忍者の神秘性は失われた代わり、司教と侍にやや就き難くなった。
クラス名 系統 STR INT PIE VIT DEX AGL CHA 魔導書 特殊
備考
基本クラス
戦士 基本
戦士
12 -- -- -- -- -- -- 無し 無し
最も基本的な戦士系統クラス、LVUPが早くHPが高いので
物理命中率が低いSFC版でも十分に強力なクラスである。
ドラコンで作ると序盤を多少楽出来る程度だがキャラが立つ、
逆にフェアリィでは同じ武具を装備できる「戦乙女、君主」と同様で
種族での装備制限でかなり苦しくなる。
不調な本作では盗賊共々やけに評価が高いが、
BCFでは基本的な縛り「転職回数0~2回制限」前提となる。
魔術士 基本術士
魔術士
-- 12 -- -- -- -- -- 魔術 魔術
ゲーム内表記は「まほうつかい」
基本的な魔術士系統クラス、特に火・水・魔領域の呪文が得意。
最も火力元となる攻撃魔法と戦闘や探査で役に立つ補助呪文を程良く覚える。
今回は無駄な戦闘を避けたり逃げたりするTRPGシミュレータとADVRPG色が強いので
過渡期のHOM以上に状態異常に秀でている、その方面でも有効的に活用したい。
なので僧侶と錬金術師と共に
「回復/補助・バフ/デバフ・攻撃」ジャンルを分けあって負担を減らしたい。
五大純術士の中では一番脆いのでパーティの六番目に置いてしっかり守りたい
8ではパーティの中央で守られる姫君的な援護クラスとなり
大幅弱体化し大半の役割を司教に取られる。
侍と司教の下積み用クラス率も格段に上がってしまった。
僧侶 基本術士
法術士
-- -- 12 -- -- -- 8 法術 法術
基本的な法術士系統クラス、特に気・土・魔領域の呪文が得意。
今回はHOMまでみたいに重たい鎧を装備出来ないが
強力な攻撃呪文を多く覚えるようになった。
武器は今まで通りで鈍器である「槌・鉾と棒/竿(いわゆる叩く武器)」が
基本なので、STR次第では今作ではかなりの物理攻撃力が出るのも特徴。
癖が強いが今回は純聖職者専用短刀も扱えるので、
ある杖とセットでマインドフレイア化も面白い。
それとパーティのサブヒーラーが多ければ多い程僧侶の負担が減るので
野伏や司教程度でも、パーティ内に別の回復手がいると上手く動き易い。
8では、司教と共にまたも中装型僧侶戦士に戻り
パーティの右翼や左翼を任せられるようになる。
盗賊 基本
盗賊
-- -- -- -- 12 8 -- 無し 早業
指先技
隠れる
奇襲
最も基本的な盗賊系統クラス、全てのクラスの中で成長が一番早い。
HPは低めなのだがVIT次第とLVUPの速さである程度盛り返せる可能性がある
今回は革製品や鎖製品の戦闘服で「僧侶、司教」より多少重装備可能なので
今まで以上にパーティの三番目に置き易いとも言える。
簡単な棒&杖しか鈍器が扱えないので、
基本的には短剣で突いて細かいダメージを重ねていきたい。
一応「戦士、戦乙女、君主」や「野伏」同様「CLUB」「HAMMER」「HAMMER+1.5」は扱える。
不調な本作では戦士共々やけに評価が高いが、
BCFでは基本的な縛り「転職回数0~2回制限」前提となる。
野伏 複合
戦士
錬金術師
10 8 8 11 10 8 8 錬金術 早業
指先技
隠れる
奇襲
錬金術
ゲーム内表記は「レンジャー」
今回は短剣と弓の使い手となる軽装型魔法戦士系統のクラスで、
ハイレベルな中装型魔法戦士である
ウルティマ3~ウルティマ6とは大分イメージが違う。
しかも成長が遅いのにLVUPSPが
弓スキルとスカウトスキルに吸われる所が特に大変である。
BCFではあまり強くないので本気で使いたいのならば
格段に強化されたCDS/8で我慢したい。
一応大半の装備は錬金術師より上なので
錬金術師の転職先にして「ハイアデプト」として使う方法もある。
(しかし、肝心とも言える大半のワンド・杖と[MEDICINE PACK]は使えなくなってしまう)
超術士共々転職禁止縛りでようやく活躍出来る感じだろうか……
CDSでは本格的な魔法戦士になり、Wiz8でさらに強くなる、要忍耐。
錬金術師 基本術士
錬金術師
-- 13 -- -- 13 -- -- 錬金術 錬金術
ゲーム内表記は「アルケミスト」
基本的な錬金術師系統クラス、特に火・気・地領域の呪文が得意。
攻撃呪文と回復呪文のバランスから成長の早い司教のような動きが可能。
錬金術には状態異常と雲系統の攻撃呪文が多く長期戦に強いのも特徴。
魔術士や僧侶同様程、状態異常呪文を良く覚えるので逃走主体のプレイでも真価を発揮。
とはいえ、この手の呪文HPの高い戦士系統クラス
「野伏、忍者」のが長期戦に耐えうり扱い易いのが実情。
錬金術師は[BRIDEING FLASH]や[DEADRY POISON]等のインスタントな呪文で対応したい。
(一応、僧侶に迫るHPで魔術士よりは硬いので、雲系呪文も撃てる場面はある筈。)
超術士同様HPは僧侶に近いので思ったより頑丈ではある。
8では「僧侶代わり、或いは、司教代わり」になるが本職のが安定する感じだろうか。
BCF/CDSと違いポーション合成で
金策をしっかりしてから野伏や司教になる為の足がかりにもなる。
司教の全魔導書使い特性同様、BCF/CDSでも欲しかった技能である。
吟遊詩人 基本
盗賊
魔術
-- 10 -- -- 12 10 12 魔術 演奏
早業
指先技
隠れる
奇襲
魔術
BCF/CDSでは複合クラスだが、
8に則って基本クラスとさせてもらった。
旅芸人型の中装魔法戦士系統クラス、魔法の楽器を扱える。
最初に作るとレアアイテムの[LUTE]を持っているのがお得。
盗賊と同じ技能も持っているので、盗賊と一緒に使うか否かで育成方針が変わる。
パーティ内に盗賊と魔術士が両方居ると演奏家としての技能に集中出来て
彼らに盗賊技能を任せるよりも格段に強くなる。
無論そのような特化パーティで無くても演奏重視にしても使い易い。
「盗賊」より魔術士に近いのか[CLUB][HAMMER][HAMMER+1.5]が扱えない
中盤以降必然的に火力が低くなるので、より援護に向く。
超術士 基本術士
超術士
10 14 -- 14 -- -- 10 超能力 超能力
ゲーム内表記は「サイオニック」
基本的な超術士系統クラス、特に心領域の呪文が得意。
「ドワーフ、ドラコン、ムーク」以外では
かなり就職し難いのに戦闘で有効となる呪文が少ない
その代わりに探索とで有利となる呪文を数多く覚える。
もし必要な呪文を覚えきったら、
戦力UPの為に僧侶や修道僧にクラスチェンジしてしまいたい。
錬金術師同様HPは僧侶に近いので思ったより頑丈。
野伏共々転職禁止縛りでようやく活躍出来る感じだろうか。
8での司教大幅強化と攻撃呪文が大幅弱体化で
一番割を喰ったのは恐らくこのクラス。
複合クラス
戦乙女 複合
戦士
法術士
10 -- 12 11 10 11 8 法術 法術
ゲーム内表記は「バルキリー」
設定ミスにより野伏より成長が早くて重装備可能な、
或いは、超能力では無く法術を覚える霊能戦士系統のクラス。
基本的に成長が早く戦士と君主並に重装備出来るのでとても強い。
パーティ編成によっては四番目の位置を
修道僧と僧侶と奪い合うのが弱点だが
僧侶からの転職先としても有能とかなり便利なクラス。
無論、四番目が定位置ならば防具が
革製品や鎖製品でも問題無い十二分なスペックを持つ。
しかしパーティの後衛が多いと一番目~二番目にせり出す事が特に多いので
こういう時にこそ重装備出来る事が活きるとも言える。
司教 エリート
魔術士
法術士
-- 15 15 -- -- -- 8 魔術
法術
魔術
法術
BCF/CDSでは複合クラスだが、
8に則ってエリートクラスとさせてもらった。
ゲーム内表記は「ビショップ」
魔術士と僧侶の複合術士系統クラス、特に心・魔領域の呪文が得意。
魔術と法術を交互に習得するので育成が難しい。
なので自分のパーティに足りない片方の魔導書だけに特化すると大変良く
手塩にかけて魔導書での習得も加えると一気に強くなる。
一応、魔術に特化すると全体即死呪文を早めに習得出来るので
パーティ問わず魔術を中心に覚えても良いかもしれない。
その場合、使用感覚は錬金術師に近くなると思われる。
8では魔術士系統と法術士系統と錬金術師と超術士系統の究極クラスとなり
エリートクラスの貫禄を見せるようになる。 
君主 複合
戦士
法術士
12 9 12 12 9 9 14 法術 法術
ゲーム内表記は「ロード」
戦乙女とは違い男性も就く事が出来る重装型僧侶戦士系統クラス。
HPが高いので戦乙女とは違い前衛一番目や二番目に置き易いのが利点。
二人分のキャラクラスロット(戦士分+戦乙女分)を一人に圧縮するのにも向いている。
司教と同じく器用貧乏だが装備と育成次第では強いクラスの代表か。
CDSでは白兵戦と法術も扱える強力な外交官となり、
8では「剣+盾」か「剣+短剣/短刀」と「槍」のスイッチをする
テクニカルで頑強な重装戦士となる8でこそ本領発揮をする。
なので、十分強いが器用貧乏気味なBCFでは辛抱したい。
複合
戦士
魔術士
12 11 -- 9 12 14 8 魔術 斬り術
双剣士である重装型魔法戦士系統クラス、
魔術とクリティカルスキルを両立出来るので
シナリオの流れで強力な最強装備が確実に手に入ったり
剣の二刀流がメインである事も含めて、今作最強のクラスの一角である。
BCFでもLV1での高いHPは健在で最序盤から作ってもとても扱い易い。
しかもパーティに「吟遊詩人、魔術士」が両方いるとクリティカルスキルにSPを集中出来て大変良い。
棒術にも秀でており、前衛の数が十分ならば
「戦乙女、修道僧、僧侶」を後ろに押し出す事も可能ではある。
防具の使い回しが他の重装戦士と殆ど出来ない前衛なので
二人目はフェアリィが限界と、一応癖はHOM以上に強くなった。
修道僧 複合
戦士
盗賊
超術士
13 8 13 -- 10 13 8 超能力 隠れる
奇襲
超能力
斬り術
ゲーム内表記は「モンク」
究極のクラスでありながらこちらは忍者と違い「複合」止まりだったりする。
善の忍者とも言える軽装僧侶戦士系統クラス、設定ミスで法術では無く超能力を覚える。
HPが盗賊や忍者並に低めで序盤の装甲も薄く[PIE13,VIT0要求]が特に理由となる。
(一応CD&Dベースならば超能力戦士でも間違っては居ないが、そこまでは詳細不明)
BCFではまだ、棒術とローブメインという事以外忍者との差別化もあまりされてない。
忍者より成長が多少早くてシナリオ攻略に使い易いと言う位だろうか。
基本的に白兵戦用のクリティカルスキルの性能を増幅させる武器が少ないので
戦乙女と僧侶と槍術使い・棒術使いと位置を取り合う事だろう。
基本的な役割は中距離攻撃と回復になるので、侍や忍者よりも
クリティカルヒッターとして育成し易いのは利点ではある。
忍者 エリート
盗賊
戦士
錬金術師
12 10 10 12 12 12 12 錬金術 早業
指先技
隠れる
奇襲
錬金術
斬り術
戦士系統、盗賊系統、錬金術師系統の究極クラス。
BCFでは軽装盗賊戦士系統クラスとして尖り、錬金術とクリティカルスキルを
両立出来る事もあり究極のクラスとしての一歩となった。
まだ、戦士と盗賊と錬金術師の三人を雇った方が成長面で圧倒出来る可能性が高い。
現状でも成長の遅さに耐えてしっかり育成すれば万能戦士となるが、
シナリオクリアまでだと強化野伏程度であり、まだ発展途上なのでCDS/8ではさらに強くなる。
BCFから就職要求値が大幅に下がった事でも有名。
基本[NUNCHAKA*2]で大ダメージを取るか、[SAI*2]で突きと斬り術で瞬殺するかの二択
なお「戦乙君」と前衛を重装で固めたパーティに錬金術師もいるとクリティカルヒッターとして育成し易く
単純に彼らの役割が多い場合でも、これと同じ育成をすると強いのは吟遊詩人と修道僧と同じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿