Google検索

SFC版WizardryBCF
特性値説明


大雑把に新Wiz、特にBCFの特性値を考察するコーナーです。



[STR]
Strength
体力
SFC版BCFのゲーム内では「ちから」表記。
『物理攻撃力補正』『叩く、蹴るの威力補正』『CC最大値』『スタミナ最大値』
に影響する。 新Wizになってからは『物理攻撃の命中率』には影響しなくなった。
キャラクリエイト時、男性はSTR+2補正があり非常に有利になる。
ちなみにSTR+1補正なのは外伝3以降の外伝系統である。
CCがLVUPで成長しないPC版では初期値が特に重要だったのだが
SFC版ではLVUPでCCが成長するので
戦士や侍等の物理アタッカーや、僧侶や修道僧等の鈍器使い以外では
あまり要らなくなったものの、最大HPとスタミナに大きく影響するので
全クラスで程々必要ではある。
[INT]
Intelligence
知性
SFC版BCFのゲーム内では「ちえ」表記。
『知性呪文(或いは攻撃呪文?)の成功率』『罠の名前鑑定』
『一部クラスのLVUP時の自動スキル振り判定』に影響する。
同じLVとロック&トラップならば、「盗賊」より「吟遊詩人」の方が
僅かに罠の鑑定が上手い事になるので、
エルフやフェアリィやフェルパーで「盗賊」を作ると丁度両者のギャップ差が埋まる。
攻撃呪文が主力のキャラは失敗や逆流をなるべく防ぐ為
「INT20/KRM20/発生術100」欲しい。
[PIE]
Piety
信仰心
『信仰呪文(或いは回復呪文?)の成功率』『LVUP時のMPの上昇値』
『スキルの上達速度』『一部クラスのLVUP時の自動スキル振り』に影響する。
ゲーム内テキストでは「呪文の回復」となっているが
PC版の時から、キャラ作成時にPIE16以上では無くVIT16以上で
[MP-Healing+1,ALL-Category]の補正がつく。
PC版時代からのバグなのか、それとも
PC版の完成間際の設定変更後に説明を変えずに
SFC版まで至ったのかのどちらかである。

回復呪文が主力のキャラは失敗をなるべく防ぐ為
「PIE20/KRM20/発生術100」欲しい。
[VIT]
Vitlity

[CON]
Condition
生命力
Wizardryシリーズでは、まず前者の英語が使われている。
『MPの自然回復力』『最大HPとLVUP時のHP上昇』『CC最大値』
『毒と麻痺への耐性』『石化と死亡からの復活時の成功率と再生トークン』
『一部クラスのLVUP時の自動スキル振り』に影響する。
この値が0になると半ばロストして永久死=物持ち棺桶となる。
ちなみに、キャラクリエイト時、女性にVIT+1補正があるのは外伝3以降の外伝系統である。
キャラクリエイト時に何故かPIE16以上では無くVIT16以上で
[MP-Healing+1,ALL-Category]の補正がつく。
PC版時代からのバグなのか、それとも
PC版の完成間際の設定変更後に説明を変えずに
SFC版まで至ったのかのどちらかである。
今回はPC版やSS版より多少マシとはいえ、今まで以上に厳しい探索となるので
これが16以上無いと、特にLV1~LV3の期間中に生き残り難いと言える。
[DEX]
Dexterity
器用度
SFC版BCFのゲーム内では「きようさ」表記。
物理攻撃の『物理攻撃の命中率』『物理攻撃のヒット回数』
『飛び道具への耐性』
『一部クラスのLVUP時の自動スキル振り』に影響する。
新WizからはこのDEXが物理攻撃の命中率に関わる。
就職要求値が高い「盗賊と吟遊詩人と錬金術師と侍と忍者」は
序盤の物理攻撃回数の面で有利となる。
DEXとAGL両方が高い上に戦士系である「侍と忍者」は特に有効的とも言える。
しかも「フェアリィやフェルパー」で就いたクラスでもほぼ同じ事が言える。
なお、「盗賊と忍者」の就職要求値12から、スリの時に影響しそうだが詳細不明。
説明とは違い数値16以上達成後「基本AC」が下がるのは
[AGL]だけとなっている、これも制作終盤の設定変更後に
説明を変えずにSFC版まで至ったものの名残だろうか。
[STR18~20,DEX18~20,ALG18~20,KRM20,対応武器スキル100]+
[BLESS,ENCHANTED BLADE,ARMOR MELT]が最低限必須と
PC版とSS版はHOM/CDS位の軽いバフで間に合う故、余計に目立つ。
[AGL]
Agility
敏捷性
SFC版BCFのゲーム内では「はやさ」表記。
『基本AC』『戦闘中のイニシアティブ(攻撃の速さ、行動順)』
『物理攻撃の攻撃回数』『一部クラスのLVUP時の自動スキル振り』に影響する。
就職要求値が高い「侍と修道僧と忍者」は序盤の物理攻撃回数の面で有利となる。
しかも「フェアリィやフェルパー」で就いたクラスでもほぼ同じ事が言える。
[DEX]と[AGL]両方が高い「侍と忍者」は特に有効的とも言える。
AGL18のフェアリィは基本ACが4になる上に、
「修道僧と忍者のストレッチ補正」も乗るのでクラス次第ではかなり硬くなる。
スリ(早業)への影響力は不明だが、肝心の「忍者」は
DEXとAGLの就職要求値がどちらも12なので際どい
[STR18~20,DEX18~20,ALG18~20,KRM20,対応武器スキル100]+
[BLESS,ENCHANTED BLADE,ARMOR MELT]が最低限必須と
SFC版BCFでは物理攻撃を活かすのが特にとても大変である。
PC版とSS版はHOM/CDS位の軽いバフで間に合う故、余計に目立つ。
[CHA]
Charisma

[CHA]
Charm

[PER]
Personality
魅力
英文でどれを使うかはBCFやCDSのバージョン(=本体)でマチマチ。
基本的にリーダーシップ性とセンスを兼ねる特性値故に
[CHA]Charmはまず使われないと思われる。
『NPCとの取引』『NPCとの会話』『NPCとの関係修復率』に関係する
のだが、BCFではNPCとの取引と会話でCHAが一切使われていないので
実質キャラ付け用と就職・転職抑制用のフレーバーアビリティ。
得物屋様のBBSでの情報では一応変化があり
『NPCの売却値レート』が増減するとの事。
キャラクリエイト時、女性はCHA+1補正があるのだがCDSでないので意味が薄い。
なので「僧侶、野伏、吟遊詩人、超術士、戦乙女、司教、君主、侍、修道僧」や
「ホビット、フェアリィ、フェルパー、ラウルフ、ムーク」等の
外交官としての役割はこの特性値が動作するCDSでやる事となる。
特に「司教と君主」「吟遊詩人」はBCFでこの特性値が動作しないのと
外交術スキルが無いので旨味がやや落ちる。
[KRM]
Karma
SFC版BCFのゲーム内では「カルマ」表記。
『全ての行いに対する、神秘的な影響』がある特性値。
これが低いと、LVや他の特性値にスキルが高くても
どうしてもファンブル(失敗、逆流等)するようになる。
キャラクリエイト時、女性はKRM+1補正がありかなり有利。
キャラクリエイト時、SS版では99までスロットが回るのだが
他のバージョンの20以上とどれだけ補正に差がつくのかは不明。
言わばHOMまでの「LUK」と「戒律」が複合したかのような特性値。
しかし外交が出来るようになったCDSでは、
CHA及び外交術用の補正以外が極端に小さくなった。
(低KRMの悪キャラや中度KRMの中立キャラも必要になったため)
ライバル作品でもあり兄弟作品でもある「ウルティマ6 TFP」でも
重要な特性値となっており、そちらでは「CHA+戒律」的な動きである。

0 件のコメント:

コメントを投稿