Google検索

聖剣伝説3 パーティ編成の一例:
クラス2光のみ


クラス2プレイこそ、聖剣伝説3の本来の魅力が引き出せるのでは無いのだろうか?
縛りプレイという程の縛りでも無く、???の種も魔法アイテム集め用となりかなりの攻略時短効果が狙える。
しかもガッツリLV上げしてもLV上げを放棄しても楽しいのが最大の魅力。
是非とも聖剣3の複雑怪奇な仕様に慣れる為にクラス2による短時間~中時間プレイで周回数を底上げしたい。
縛りは特に無く「ケヴィン攻撃力バグ」以外はほぼ全て使うものとする。



ケヴィン以外のクラス能力も大きく底上げされる形となり
各クラスの持ち味が活かされるようになる。
光クラスでは全体的に防御的になりパーティ間での連携が肝となるが
闇クラスのようなワンマンパーティも出来ない訳では無いので安心したい。

ここからの戦略は「小さなダメージの連続で相手の反撃の芽を摘み取る」か
「大きなダメージを与えて敵が反撃する暇を与えない」か
「回復かバフしながらゴリ押す」かの三択となるしどれかを複合しても良い。

クラス1プレイとは違いアンジェラとシャルロットの需要がやや落ちるものの、
まだまだ便利ではあるし使いではある。

役割一覧
物理アタッカー [ケ]モンク(獣化,二回攻撃,中リーチ):インファイト型
[デ]ナイト(高STR,長リーチ):ヒット&アウェイ型
[ホ]レンジャー
(二回攻撃,短リーチ,全体必殺技):インファイト型
[リ]ワルキューレ(高STR,中リーチ,全体必殺技):
インファイト、ヒット&アウェイランダム可変型
[ア]ソーサレス(長リーチ):ヒット&アウェイ型
魔法アタッカー [ア]ソーサレス
(奥義の書媒体,秘伝の書媒体,
高INT,高PIE,六色基本攻撃魔法,五色中位攻撃魔法/
六色コイン,六色精霊像,四色牙/
アサシンバグの瞳/ゴーストの瞳奥義の書/秘伝の書)
[シ]プリーステス
(高INT,高PIE,ホーリーボール,六色コイン,六色精霊像,四色牙/
アサシンバグの瞳/ゴーストの瞳/奥義の書/秘伝の書)
[リ]ワルキューレ
(高INT,高PIE,六色コイン,六色精霊像,四色牙/
ゴーストの瞳/奥義の書/秘伝の書)
[ホ]レンジャー
(六色コイン/ゴーストの瞳/四色牙/奥義の書/秘伝の書)
[デ]ナイト(ゴーストの瞳/バジリスクの牙/ハーピーの牙)
[ケ]モンク(ゴーストの瞳/バジリスクの牙/ハーピーの牙)
特技アタッカー [ホ]レンジャー
(高DEX,悪運のサイコロ媒体,弓矢/槍床,飛び道具/悪運のサイコロ)
[リ]ワルキューレ
(高DEX,飛び道具/悪運のサイコロ)
[デ]ナイト(パンプキンボム/悪運のサイコロ)
[ケ]モンク(パンプキンボム/悪運のサイコロ)
[ア]ソーサレス(パンプキンボム)
[シ]プリーステス(パンプキンボム)
ヒーラー [シ]プリーステス
(お菓子/薬品,高PIE,,お菓子/薬品,
ヒールライト/ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[デ]ナイト(君主の証媒体,お菓子/薬品,ヒールライト)
[ケ]グラップラー(銀狼の魂媒体,お菓子/薬品,ヒールライト)
[ア]ソーサレス
(お菓子/薬品,高PIE,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[リ]ワルキューレ
(お菓子/薬品,高PIE,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
[ホ]レンジャー
(お菓子/薬品,ポトの油/君主の証/聖水の小瓶)
バッファー [シ]プリーステス
(四色魔法剣:ダイヤ/サンダー/アイス/フレイム)
[リ]ワルキューレ
(ブリーシンガメン媒体,パワーアップ/マインドアップ/プロテクトアップ)
[デ]ナイト(聖騎士の証媒体)
[ケ](金狼の魂,銀狼の魂媒体)
[ホ](幸運のサイコロ媒体)
全員
(四色鱗,ブリーシンガメン/グレルの油,金狼の魂,
ぱっくんの油,マタンゴの油,ドリアードの像)
(六色爪/カーミラ爪/クロウラー爪,銀狼の魂)
(/幸運のサイコロ)
デバッファー [ホ]レンジャー
(ボディチェンジ)

全員
(スライムの瞳,バットムの瞳,ビーの瞳,
シャドウゼロの瞳,スペクターの瞳)
(チビデビルの瞳→雑魚)
(月のコイン→ボス)
耐性防具 [リ]ワルキューレ
(風神の腕輪媒体,大地の腕輪媒体,
[毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪/[石]大地の腕輪)
[ホ]レンジャー
(毒蛇のピアス媒体,[毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪/
[石]大地の腕輪)
[ア]ソーサレス
(スノークリスタル媒体,[毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪/
[石]大地の腕輪,[雪]スノークリスタル)
[シ]プリーステス
([毒]毒蛇のピアス/[黙]風神の腕輪/
[石]大地の腕輪,[雪]スノークリスタル)
[デ]ナイト([黙]風神の腕輪/[石]大地の腕輪)
[ケ]モンク([黙]風神の腕輪/[石]大地の腕輪)
物理タンク [ケ]モンク(HP/防御,ヒールライト耐え)
[デ]ナイト(HP/防御/回避,ヒールライト耐え)
[リ]ワルキューレ(HP/防御/回避耐え)
[ホ]レンジャー(回避耐え)
[シ]プリーステス(ヒールライト耐え)
魔法タンク [リ]ワルキューレ(HP,魔防,クラス2補正耐え)
[シ]プリーステス(回復魔法/魔防,クラス2補正耐え耐え)
[ケ]グラップラー(HP,クラス2補正耐え)
[ア]マジシャン(魔防,クラス2補正耐え)
[ホ]レンジャー(魔防,クラス2補正耐え)
[デ]ナイト(クラス2補正耐え)
物魔両受けタンク [ケ]モンク(HP,クラス2補正耐え)
[デ]ナイト(HP/回避,クラス2補正耐え)
[リ]ワルキューレ(HP/防御/回避/魔防,クラス2補正耐え)
[シ]プリーステス(回復魔法/魔防,クラス2補正耐え)



相性一覧
[デ]
[ケ]
[ホ]
[ア]
[シ]
[リ]
[デ]ナイト A A A B A
[ケ]モンク A B A B B
[ホ]レンジャー A B A A A
[ア]ソーサレス A A A A A
[シ]プリーステス B B A A A
[リ]ワルキューレ A B A A A
備考・考察
全体的にクラス1能力の弱点を補おうとする傾向があり
ついでにサブヒーラーが二名、物理全体攻撃役が三名増える
(もののモンクのLV2必殺技「旋風脚」は運任せで実用外)
パーティプレイや堅実に戦いたい人が選ぶクラス群である。
堅実な戦い方をするならば[ナイト/モンク/ワルキューレ]のどれかを入れるか、
この三人でパーティを組んでしまっても良い位である。
その上彼らは誰か一人でも問題が無い位戦力が高い。
性格はモンクとワルキューレが攻撃的でナイトが防御的という差がある。
魔法カウンター持ちでない相手への単発への高速詠唱がメインとなってくるソーサレス。
全体的に物理攻撃も魔法攻撃も両方強い期間なので要所々々での運用となるだろうか。
レンジャーとプリーステスは使い手とパーティを選ぶが上手くはまれば効果は絶大。
お互いの相性も良いでの、気になったら試しに組んでみても良い。
ソーサレスとワルキューレとも相性が良く
レンジャーとしては三人の中から二人に仲間を絞り込むのは大変だろう。



パーティ表の雛形も兼ねる
クラス1能力比較表
キャラ名 クラス名 最終
攻撃力
最終
防御力
最終
回避率
最終
知魔防
最終
精魔防
耐性
最大
[力]STR
最大
[速]DEX
最大
[体]CON
最大
[知]INT
最大
[精]PIE
最大
[運]LUC
デュラン ナイト 268 267
268
53 109
110
117
118
([黙]
or
[石])
17 15 17 13 14 14
ケヴィン モンク
(ホワイトファング)
240
(276

367)
268
269
31 109
109
117
117
([黙]
or
[石])
15 14 18 13 14 14
ホークアイ レンジャー 226 265
266
37 117
118
125
126
([毒]
or
[黙])
14 17 15 14 15 18
アンジェラ ソーサレス 230 267
268
269
31 141
142
142
141
142
142
([毒]
or
[黙]
[石]
or
[雪])
14 14 14 17 17 14
シャルロット プリーステス 215 267
268
269
31 133
134
134
149
150
150
([毒]
or
[黙]
[石]
or
[雪])
13 14 14 16 18 16
リース ワルキューレ 269 255
256
34 121
122
129
130
([毒]
or
[黙]
or
[石])
17 16 16 15 16 14
備考・考察
全体的に例外を除き闇クラスより「[力]STR,[速]DEX,[知]INT」が1低い代わりに
「[精]PIE,[運]LUCが1高いのが特徴で、習得特技もやや防御的になる。
例外は光クラスの方が闇クラスより[力]STRが高いアンジェラとリース。
(万能のワルキューレには劣るが)全能力が高めなソーサレスは
使っていて面白いとはいえ[知]INT17により
対象への弱点魔法での確一や確二の相手が多少減って器用貧乏に感じるか。
個人的にはレンジャーの「[運]LUCは17,[精]PIEは14」で十分であり、
その分を[力]STRと[速]DEXに分けて欲しかった気がする。
しかしこの絶妙な調整が奥義「高速二連飛燕投」の有効度を生んでいる可能性がある。
(現状では、弓矢と床槍は二連必殺の微調整専用となるのも惜しく中々特技の使い処が無い)
ワルキューレは[力]STRが高く、ナイトに近い使用感を持っていると思われるので、
役割がバフ魔法使いだけだと恐らく勿体無いかもしれない、ものの選択肢としては七分あり。
ある意味僧侶として使うヒーラーナイトとほぼ同じ問題ではある。
([バシュカー/ニンジャ]軸等の闇との複合パーティや、主人公だけに戦力を集中する擬似一人旅等)
2017/1/6追記:匿名様の情報により獣人化ケヴィンの攻撃力補正値を修正。



[基本][デュラアン編][ケヴィシャル編]
初級編:ケヴィンワンマン改
ケヴィン モンク
(ホワイトファング)
240
(276

367)
272 31 110 118 無し
15 14 18 13 14 14
デュラン ナイト 268 271 53 111 119 無し
17 15 17 13 14 14
アンジェラ ソーサレス 230 267 31 141 141 [毒]
14 14 14 17 17 14
備考・考察
モンクの圧倒的物理火力(しかし闇以上に獣化+擬似被弾必須)と
「ヒールライト」による自己完結力に注目したサンプルパーティで
後は後衛の魔法で適度に援護するという、聖剣伝説3の基本。
擬似全体回復はナイトとのヒールライト連携、全体回復はソーサレス+ポトの油に頼る。
もし擬似一人旅では無く三人旅をしていて、ここに全体物理攻撃手を加えるならば
ナイトをレンジャーかワルキューレにしたい。
あえてナイトをプリーステスにしても普通に通用するし
物理攻撃だけで戦いたいのならばソーサレスがレンジャーかワルキューレになる。
とはいえ「ナイト→プリーステス」の差し替えは、モンクの持ち味が
物理攻撃だけになるのが実に惜しい。 パーティの主軸となる
モンクが物理攻撃に集中出来る事は別に悪い事では無いのだが、
その場合は闇クラスのバシュカーのが相性が良くなる為。
(他には、女神像周囲狩りでの回復力増強や
ホーリーボール連携とケヴィンへの四色魔法剣による旨味は十分ある)
[ケヴィン/デュラン]軸はクラス2においても光のみ、闇のみ、光闇複合どれらも
攻撃力過多による、敵のHP残量カウンターの誘発が怖いので
リースでの火力増幅、或いは、ホークアイかアンジェラでの微調整が欲しい。
今回はサンプルパーティなので本拠地その2での突発力重視のアンジェラを選んだ。

[基本][ホクリ編]
中級編:リースワンマン
リース ワルキューレ軸 269 255 34 121 129 [毒]
17 16 16 15 16 14
デュラン ナイト 268 271 53 111 119 無し
17 15 17 13 14 14
アンジェラ ソーサレス 230 267 31 141 141 [毒]
14 14 14 17 17 14
備考・考察
ワルキューレの「パワーアップ+真空波動槍」の
自己完結力に注目したサンプルパーティ。
もし「パワーアップ+魔法剣」が欲しい場面がある場合はナイトはプリーステスになる。
そこでナイトの物理攻撃力が邪魔だと感じても差し替える判断となるが
ナイトのドレイク鱗による擬似全体パワーアップ連携で迅速にボス戦に移れる強みもある。
しかもワルキューレはリースとは思えない程の高い物理火力が出るので、
擬似一人旅だけでは無く三人旅にも対応するのが強みでもある。
光と闇複合パーティの[ルーンメイデン/ナイト]軸とは違い
或いは[ワルキューレ/グラディエーター]軸と同様で、不意のHP残量カウンター発生には注意したい。
ソーサレスはクラス1時の全体攻撃手や、物理攻撃が不利な相手へ刺す為のピンポイント採用なので
プリーステスに変えた方がパーティ全体が締まる可能性があるが、面白味も落ちるのが際どい。

[応用][デュラアン編][ホクリ編]
中級編:全体攻撃重視型
ホークアイ レンジャー 226 265 37 117 125 [毒]
14 17 15 14 15 18
リース ワルキューレ 269 255 34 121 129 [毒]
17 16 16 15 16 14
アンジェラ ソーサレス 230 267 31 141 141 [毒]
14 14 14 17 17 14
備考・考察
レンジャーxワルキューレの「パワーアップ+飛燕投」と
ソーサレスxワルキューレの「マインドアップ+全体攻撃魔法」の
相性の良さに注目した連携重視のサンプルパーティ。
もしレンジャーが倒れても、速度は多少落ちるものの
能力の安定したワルキューレで「パワーアップ+真空波動槍」出来る保険がある。
レンジャーの扱いに慣れるまではこちらのが早いので場面で使い分けも考えておきたい所。
場面によって連携を変えると効率良く敵をさばけるようになれるかもしれない。
もし四色魔法剣が欲しくて、攻撃魔法がホーリーボールや六色コインで
足りうる場合はソーサレスがプリーステスとなる。
レンジャーが中低攻撃力二刀流、ソーサレスが中低攻撃力、ワルキューレが高攻撃力と
うまい感じにダメージソースがバラけているので
敵の攻撃で一番厄介なHP残量カウンター対策の練習が出来そうではある。
それに、全員が全体攻撃手を持っている割には上手くまとまっているので、一度は動かしてみたいパーティ。

[応用][デュラアン編][ケヴィシャル編][ホクリ編]
上級:レンジャー軸
ホークアイ レンジャー 226 265 37 117 125 [毒]
14 17 15 14 15 18
アンジェラ ソーサレス 230 267 31 141 141 [毒]
14 14 14 17 17 14
シャルロット プリーステス 215 267 31 133 149 [毒]
13 14 14 16 18 16
備考・考察
筆者愛用のレンジャーによる「ドレイク鱗+飛燕投」の役割が重い
高速で敵を処理出来るのだが中々難しいサンプルパーティ。
長期間のリロキャンや二連必殺技の練習だけでは無く、
事前にボディチェンジが効いたり、魔法カウンターが飛ばない相手を調べる必要があるが
[ホークアイ/アンジェラ]軸と[アンジェラ/シャルロット]連携の基本形態とも言える。
いずれは筆者自身がしっかりと使いこなしたいパーティでもある。
プリーステスはダークロードの開幕ダークセイバー封じと
レンジャーへのセイバー魔法の為に存在。 カウンター封じ失敗時の立て直しにも使えるのだが
もしポトの油と光のコインと四色爪の買い込みが面倒で無い上に
ダークロードの処理が得意ならばいっそ強力な重攻撃役のナイトにしてしまっても良い。
(両者は一長一短ではあるものの重要なヒーラーではある)
過去の光ホークアイ強化の為の修行プレイでは、他の分岐データとの兼ね合いから
[レンジャー/アークメイジ/セージ]だったので次回ではここまでグレートを下げたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿