Google検索

聖剣伝説3
オールバーサーカー縛りを考える


この糞難しい(やや意地悪な作りとも)簡易ストラテジーを
CPUの力だけでクリア出来るのだろうか。




はじめに


先ずは基本的なルールを決める。
聖剣3では、前二作と比べボスのHPが高過ぎるので
主人公の半司令官化(仮案:回復アイテムの使用許可、4個まで)も一応考えておく。

聖剣伝説3 オールバーサーカー基本ルール
原則として、全ての戦闘をAT操作で突破する。
主人公の攻撃はA一回(攻撃指令用)とA連打(主にリロキャン用)と
AT操作(基本)の物理攻撃のみ。
仲間の攻撃はAT操作の物理攻撃のみ。
必殺技はLV1までなら許可(βルール)
クラスチェンジは基本クラス2までなら許可(γルール)
武器の購入の許可は基本、防具は無いとまともに戦えないのでこちらも許可。
ルール冒頭の「主人公の扱い」からして、
AT式リロードキャンセルとLR式リロードキャンセルは一応許可。
回復アイテムや回復魔法の使用は、「移動中や町中、戦闘終了後」ならば許可をする。



有能なバーサーカー探し


次に、この縛りで有用そうなキャラクタを見つける。
この縛りでの最強ボスはこちら全体をモーグリ(ミニマム)にする
「プリズナー(フレイア)」持ちであり、彼らをどうやってさばくかが勝敗を決める。

デュラン
主人公最有力候補。 手応えのあるボス
『黒曜の騎士』『ヒュージドラゴン』『ブラックラビ』へのエスコート係も。
STRとCONの高さに加えて物理攻撃とLV1必殺技の長いリーチが売り。
強国の本拠地とラスボスの本拠地の両方の難易度は適切である。
クラスチェンジは回避率と回復魔法が欲しいならば「ナイト」
攻撃力が欲しいならば「グラディエーター」と二択。
クラス3許可中の場合は程良く高い攻撃力を持ち
「誓いの盾とヒールライト/単全」が強力な「ロード」と
単発攻撃力最高の「デュエリスト」と二択。
リースと組んだ時の「誓いの盾+大地の腕輪」装備中の「ロード」は
殆どの状態異常で止まらない高火力アタッカーと化す。
「パラディン」「ソードマスター」は、「誓いの盾(パラディン)」
「誓いの盾とヒールライト(ソードマスター)」が無い事以外は
ほぼ「ロード」と大差無いが、「ロード」の超耐久力と
「デュエリスト」の高過ぎる攻撃力を嫌うのならば一応あり。
『ダークリッチ』と戦う時はどちらの時期に仲間にしても問題は無い。
どう戦うにしろ、移動中の回復薬「君主の証」の媒体になってくれる
「ファイター」「ナイト」「パラディン」はパーティの役に十分立ってくれる。
ロード以外のデュランは猛毒を防げないキャラクタなので、
雑魚戦も長引き易いこの縛りでは色々と塩梅が良い、高い物理火力による速度で補おう。
ケヴィン
仲間その1最有力候補、「デュラン」か「ホークアイ、或いは、リース」を序盤から補佐する。
ラスボスの本拠地には凶悪ボスが多く『死を喰らう男』『ギルダーバイン その2』
『ジェノア その2』『ゴーヴァ その2』『堕ちた聖者』と個性も多彩なので
何も考え無しに主人公にするのは一考。 一応『ダークリッチ』は比較的弱い方。
獣人化して攻撃力の平凡さを補えられる。
二刀流キャラなので昼間でも物理火力はそれなりに高め。
おまけに強国の本拠地とラスボスの本拠地の両方の難易度がかなり高い。
クラスチェンジは回復魔法が欲しいならば「モンク」
攻撃力が欲しいならば「バシュカー」と二択。
クラス3許可中の場合は
高い攻撃力を持ち「ヒールライト/単」が便利な「ゴッドハンド」と
程良く高い攻撃力を持ち「ヒールライト/単全」が強力な「ウォリアーモンク」と
二連攻撃力最高の「デスハンド」と三択。
実質ヒールライトの無いゴッドハンドに近い「デビリッシュ」の使い処は
昼間前提で「パラディン」「ソードマスター」「ナイトブレード」「ヴァナディース」辺りに近いだろうか?
ロード以外のデュランと同様、猛毒を防げないキャラクタなので、
雑魚戦も長引き易いこの縛りでは色々と塩梅が良い、高い物理火力による速度でで補おう。
『ダークリッチ』と戦う時は主人公候補ともなる、仲間その1の場合は主人公を「シャルロット」にする。
ホークアイ
仲間その2最有力候補、「ケヴィン」と「デュラン」か「リース」の火力を補佐する。
手応えのあるボス『ジェノア その2』『美獣イザベラ』『アークデーモン』へのエスコート係も。
利点はDEXの高さと二刀流である点、PIEも程々あるので移動中のポトの油が活きる。
前衛にしてはINTも程々あるので攻撃魔法に強い。
強国の本拠地とラスボスの本拠地の両方の難易度は適切である。
クラスチェンジは恐らくほぼ「ニンジャ」一択、「レンジャー」はマニュアル操作向け故。
クラス3許可中の場合は、程よく中位の攻撃力を持つ「ローグ」と
デュランに次ぐ高い攻撃力を持つ「ナイトブレード」と二択。
案外「ワンダラー」か「ニンジャマスター」で敵HPの調整役になっても良さそうではある。
猛毒を防ぐリング防具「毒蛇のピアス」入手の為のキーパーソン
『アークデーモン』と戦う時は主人公候補ともなる、そうすると「デュラン」か「リース」が仲間その2となる。
リース
仲間その2最有力候補、「ケヴィン」と「デュラン」か「ホークアイ」の火力を補佐する。
手応えのあるボス『ジェノア その2』『美獣イザベラ』『アークデーモン』へのエスコート係も。
利点はLUK以外の能力が全体的に高く頑丈な点、なのでPIEも高く移動中のポトの油が活きる。
前衛にしてはINTも高いので攻撃魔法に強い。
クラスチェンジは程よく高い攻撃力を持つ「ワルキューレ」か 程良い攻撃力を持つ「ルーンメイデン」から二択。
クラス3許可中の場合は、程よく中位の攻撃力を持つ「フェンリルナイト」と
デュランに次ぐ高い攻撃力を持つ「ヴァナディース」と二択。
「スターランサー」「ドラゴンマスター」は実質「頑丈な物理アンジェラ」になりえそうで微妙?
一応、この物理攻撃力の低いクラス3二種でも
「ワンダラー」「ニンジャマスター」では調整しきれない敵HP調整係にはなりそうではある。
猛毒を防ぐリング防具「毒蛇のピアス」を装備可能
そして石化を防ぐリング防具「大地の腕輪」入手の媒体。
今回の縛りでは沈黙を防ぐ「風神の腕輪」は空気。
シャルロット
物理攻撃力が前衛二人だけで間に合う場合の選択の一つ。
主人公時は、凶悪ボス『死を喰らう男』『ギルダーバイン その2』
『ジェノア その2』『ゴーヴァ その2』『堕ちた聖者』に特に注意。
PIEが高く移動中のヒールライトとポトの油が活き、
INTも高いので攻撃魔法に強い。 その代わりに物理方面がからきしで弱い。
クラスチェンジは「プリーステス」か「エンチャントレス」からの二択。
(移動中の全体回復さえまかなえれば特に考え無くて良い)
クラス3許可中は恐らく「ビショップ」「セージ」「イビルシャーマン」から三択。
移動中の全体回復さえあれば良いのならば「」も悪くない。
どう戦うにしろ、移動中の回復薬「聖なる小瓶」の媒体になってくれる
「クレリック」「プリーステス」「ビショップ」はパーティの役に十分立ってくれる。
猛毒を防ぐリング防具「毒蛇のピアス」と
雪ダルマを防ぐリング防具「スノークリスタル」を装備可能。
アンジェラ
激辛な縛りプレイを求める人の為の選択の一つ。
手応えのあるボス『黒曜の騎士』『ヒュージドラゴン』『ブラックラビ』へのエスコート係も。
PIEが高く移動中のポトの油が活き、INTも高いので攻撃魔法に強い。
その代わりに物理方面が弱い、杖のリーチとLV1必殺技の無敵の強みはデュランに準する。
クラスチェンジは恐らくほぼ「ソーサレス」一択。
それでも物理攻撃力は最大230と低め、欠点ばかりとは言わないが不利。
クラス3許可中は恐らくほぼ「グランデヴィナ」一択。
一応「ローグ」「フェンリルナイト」でも調整しきれない敵用となるが
その手の面倒臭い敵は「デュラン&ケヴィン」で上手く潰して貰うのを願うか?
猛毒を防ぐリング防具「毒蛇のピアス」を装備可能
そして雪ダルマを防ぐリング防具「スノークリスタル」入手の媒体。



パーティを考えてみる


いざ鎌倉!(Biim)

[ファイター/グラップラー/シーフ]
→[グラディエーター/バシュカー/ニンジャ]
この縛りプレイの基本的な編成となりえそうではある、
闇クラスの男性陣三人で超ゴリ押しをするバーサーカープレイに相応しいパーティ。
物理攻撃力が高過ぎると感じたら、或いは、移動中の回復魔法が欲しいのならば
[ナイト/モンク/ニンジャ]となる、こちらはまるでFF1のようなパーティで
安定性は高いのだが、微妙に締まらない気がする。
[ファイター/グラップラー/ワルキューレ]
→[グラディエーター/バシュカー/ワルキューレ]
この縛りプレイの基本的な編成となりえそうではある。
闇クラスの男性陣二人と、ワルキューレのナイト並に高い
物理攻撃力で超ゴリ押しをするバーサーカープレイに相応しいパーティ。
物理攻撃力が高過ぎると感じたら、或いは、移動中の回復魔法が欲しいのならば
[ナイト/モンク/ワルキューレ]となる、安定性は高いだろうが微妙に締まらない。
[ファイター/シーフ/ワルキューレ]
→[グラディエーター/ニンジャ/ワルキューレ]
ケヴィンに頼らない編成。
闇クラスの男性陣二人とワルキューレのナイト並に高い
物理攻撃力で普通に力押しをするバーサーカープレイに相応しいパーティ。
もし移動中の回復魔法が欲しいのならば
[ナイト/ニンジャ/ワルキューレ]となる、物理火力が足りるかがやや心配。



0 件のコメント:

コメントを投稿