Google検索

たまごっちRPG
試作極小シナリオ制作
準備編


マニアックソフトウェア本舗様[http://hi-ro-3.game.coocan.jp]の
コンストラクションツール、RPGCS[http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se080148.html]を使って
誰でも作れる極小ミニゲームでも作りたいと思います。




下準備


ゲーム制作をスムーズにする為に必要不可欠な要素です。

仕様書メモファイルやReadmeテキストファイル作成の為に
StarSuite Calc,StarSuite Writer,TERAPAD等の
高位テキストツールを用意する。
(ほぼ必須)
ふりーむ!様等にゲームスナップショットを載せる為と
ブログに製作過程を載せる為に
Win Shot等のスナップショット撮影ツールを用意する。
(ほぼ必須)
EDGEやFire Alpaca等のドット絵作成ツールを予め用意
(エネミーや宝箱等の画像を用意したい場合)
フリーBGM配布サイトで好みのBGMを予めDLしておく
(BGMを用意したい場合 その1)
何かしらのWeveファイル作成ツールを用意する。
(BGMを用意したい場合 その2)
VectorでRPGCS Ver7.5をDLし解凍する。
マニアックソフトウェア本舗様の公開済みソフトの改訂版
(サブページ2)で、RPGCSの最新版実行ファイルを入手し
RPGCSのフォルダで解凍する。

今回は六番目以外の項目以外を全て実施する。
しかし、BGMがあるとRPGCS動作が重たくなるので
もしかしたら使わないかもしれない。




ゲームプロットを考える


この作業が一番大事、シナリオサイズによってはここが一番長い工程となる。
特に、大き過ぎるか小さ過ぎるシナリオだとよく起こり易いかと。

筆者HNの@以降の記述[TAMAGOTCH,ULTIMA]=[TAMATIMA]から
必然的に「たまごっち&オリたま」+「Ultima」をモチーフとしたRPGになる。
モチーフの前者からして、小さい子供やPC初心者でも
「短時間で作れてクリアも出来る」ような
規模と難易度の小さいシナリオにする。
既成サンプルシナリオを考えると使えるシナリオ番号は
[4~V,Y,Z]なので初シナリオは[4]を選択する。
戦闘難易度は低く抑えながらも、ある程度は手応えがあり考えられるようにする。
(バトルデザインは[Ultima + Final Fantasy]風が個人的な最終理想)
戦闘はウルティマ6以降の後期ウルティマに準してシンボルエンカウントのみとする。
筆者がADVRPGやADVのが、純粋なRPGより好きなのもあるが
ランダムエンカウントありの場合よりも細部を調整し易いという側面もある為。
どんな小事件でも良いので1フロアだけで済むクエストを考える。
あまりにシナリオが大き過ぎると途中で詰む可能性があるので……



シナリオの大まかな仕様を決める


この過程でシナリオ全体の趣向が決まるので慎重に行いたい。
後である程度微調整される可能性があります。

実践結果
シナリオ構成 (1)

暫定的なシナリオ構成(1)、クリアアイテムは後で作る予定。
シナリオ構成 (2)

こちらはほぼ確定、戦闘が一対一形式なのに次回作の伏線を張る仕様の多さ。
あえて攻撃回数を多めに取る事で多段攻撃武器や二刀流のシステムに備える。
難易度 (1)

奇襲率と陣営別の奇襲割合を参考元寄り(ウルティマ6以降)にすると
戦闘が味気無くなりそうなので大きく調整。
宝箱のトラップ関連は伝説とやすらぎ様の講座を参考にして後に微調整を。
街の施設 (商店)

ユーザーフレンドリー優先、WizCDSのパルク並に赤字覚悟なデパートとなる。
街の施設 (宿屋)

ユーザーフレンドリー優先、ウルティマ4以降の宿屋にやや近い。
街の施設 (神殿)

ユーザーフレンドリー優先、神殿では無くヒーラーなので全体的に安い。
用語 (1)

今作は[たまタニア]の主要都市[たまラブレイ]が舞台となっている。
居酒屋の主人は恐らく「胴体のある二頭身のおやじっち」かと。
用語 (2)

比較的わかり易い能力値(特性値)名になっていると思われる。
用語 (3)

宿屋の部屋名が妙に豪華、部屋の回復力の高さを容易に予測出来ると思われる。
用語 (4)

領主を国王から市長へ変更したセリフ回しが特徴となる。
用語 (5)

特に変更は無し。




次回からは味方の基本戦力となる「能力値」「種族」「性格」「性別」の設定に入る。

0 件のコメント:

コメントを投稿