Google検索

SFC版WizardryBCF
パーティ編成の手引き
二人旅編


PC版での最低人数とADWIZの一人プレイを兼ねる
WizardryBCFの基本的なパーティ編成の一つ。
一応SFC版の難易度ならば[詩詩]や[忍修]で十分クリア出来るのもポイント。




パーティに最低限欲しい要素


厳しい序盤を凌ぐ為の命中率と攻撃力とその攻撃方法
終盤戦を生き抜く為の補助呪文と即死呪文
アイテムスロット44個制限を補えられる要素
転職しなくても全てを切り抜けられる総合力



ハイドズ&マジックズ
SHINOBIDO 編


[忍忍]
[忍修]
[忍盗]
[修修]
[修盗]
備考・考察
【[忍忍]】
ある意味究極のパーティ、これら[忍忍][忍修][修修]に言える事だが
二人共クリティカル(斬り術)スキルを中心に上げる事。
[忍]1……[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「リズマン♂」「ドラコン♂」辺りが適任。
序盤の酸ブレスの命中力や、中盤以降の
[NUNCHAKA*2]での火力と斬首でMARKSを稼げる。
[忍]2……[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「フェルパー♂」が適任。
[SPARKER][ICICLE]等を大量に持ち込んで援護をする
もし通常攻撃する時は「SAI*2」で高速突き斬首をすると良い。
[DIAMOND RING]狙いならば「エルフ♀」「フェルパー♀」でも行ける。
SFC版ではCCの心配があまり無く、AGLが高ければ高い程有利なので
「エルフ♂忍者」アタッカー・「フェルパー♂忍者」アシスタントも悪くない。
【[忍修]】
こちらは明確な役割分担をしたい場合の組み合わせとなる。
装備もしっかりと分配出来るのもありおすすめ。
[忍]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
折角種族統一出来るので「エルフ♂」
[SKULL DAGGER*2]や[SAI*2]の突き刺しに集中出来る。
STRが高くなったら[NUNCHAKA*2]も悪くない。
[修]…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
こちらも「エルフ♂」ほぼ確定、
[HAYAI BO]で叩くか突く事以外は上記パーティの[忍]2とほぼ同じ。
このようにパーティが二人共エルフだと催眠に強くなるのでおすすめ。
【[忍盗]】
[忍盗][忍詩][忍野]等のパーティでは
両者が隠れずに攻撃するとACの低い片方が集中攻撃され易いので注意。
[忍]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
やはり「エルフ♂」で、呪文の習得に慎重にならないと
いけないのは[修盗][詩盗]等と変わらず。
[盗]…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
こちらも「エルフ♂」、類似クラスの[忍][詩]とは違い
出来る事が少ないので基本的にアイテムによる援護が主軸。
催眠耐性を犠牲にして序盤対策の「ドラコン♂」にする余裕は一応ある。
【[修修]】
悪くは無いが貴重な防具である
[ENCHANT ROBE(U)(D)]等の取り合いになる。
[修]1…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
一応「エルフ♂」にする。
STRの成長具合で[CLUB]か[HAYAI BO]の二択となる。
[修]2…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
一応「フェアリィ♂」にする。
[修]は武器が少な過ぎるので[FEARIE STICK*2]狙いとなる。
[DIAMOND RING]狙いならば「フェアリィ♀」
【[修盗]】
[忍盗]の亜種、軽量級戦士同士でアイテムに頼りたい人向け。
[修]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
やはり「エルフ♂」
呪文の習得に慎重にならないといけないのは[修盗][詩盗]等と変わらず。
[盗]…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
こちらも「エルフ♂」、基本的にアイテムによる援護が主軸となる。
[SKULL DAGGER*2][THIEVES DAGGER*2]で偶に斬首可能なのも留意。
催眠耐性を犠牲にして序盤対策の「ドラコン♂」にする余裕は一応ある。



ハイドズ&マジックズ
BIRD'S TAIL 編


[詩詩]
[野詩]
[忍詩]
[修詩]
[盗詩]
備考・考察
【[詩詩]】
これもまた究極のパーティの一つ、こちらは二人でウィザードリィ(魔術)スキルに集中。
[詩]1…[ロール:アタッカー,ヌーカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」が適任、速度と催眠耐性を犠牲にするならば「人間♂」。
初期AGLを16以上にしていれば
二人目の吟遊詩人と共に[LUTE]を連打して
序盤に隠れる余裕が生まれる可能性が高い。
終盤戦は火力不足の為に習得した
中級までの呪文を二人で的確に使う必要があり
楽ができた中盤までとうってかわって難易度は高まる。
[詩]2…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♀」が適任、もし催眠耐性を
犠牲にするならば「人間♀」「フェルパー♀」。
出来れば是非とも初期AGL18を目指したい。
[AMULETofLIFE]をル'モンテスに売り払い
[SPARKER][ICICLE]を大量に仕入れるまで
「二人で[LUTE]を演奏しまくってから逃げる」事が可能。
HOMからのWizardry、特にBCF以降は
アドベンチャーゲームを兼ねるので戦術的撤退が重要と言える。
【[野詩]】
ちょっと苦しいが役割分担をしたい場合の組み合わせ。
[野]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「人間♂」「ドラコン♂」辺りが適任。
[CLUB]や[HAMMER*2]で終始戦う安上がりなアタッカーとなる。
終盤戦の[SKULL DAGGER*2]は[詩]にあげよう。
[詩]…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「人間♂」「フェルパー♂」「フェアリィ♂」辺りが適任。
一人目に[詩]以外の他のクラスがいると、武具と楽器を独占出来る上に
[ANGEL'S TONGUE][DEVIL'S PIPE]の高速同時準備が
出来ない事以外欠点が無くなるので便利。
【[忍詩]】
上記の[野詩]の改良版、普通に最強パーティの一角である。
[忍]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「リズマン♂」「ドラコン♂」辺りが適任。
[忍修]以上にスムーズに攻撃出来て最適、武器はお好みで。
[修詩]と同様で[詩]が隠れる事に失敗した時のケアも考えたい。
[詩]…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♀」「人間♀」「フェルパー♀」「フェアリィ♀」辺りが適任。
一人目の殲滅力が高いので非力で素早い種族でも余裕で女性に出来る。
【[修詩]】
こちらは[忍詩]の亜種、一人目の成長の速さと火力の両立。
[忍]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「人間♂」「フェルパー♂」「フェアリィ♂」辺りが適任。
武器的にフェアリィの男女で組むにはこの上無い相性の良さ。
[忍詩]と同様で[詩]が隠れる事に失敗した時のケアも考えたい。
[詩]…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♀」「人間♀」「フェルパー♀」「フェアリィ♀」辺りが適任。
一人目の殲滅力が高いので非力で素早い種族でも余裕で女性に出来る。
【[盗詩]】
上記の[野詩]の亜種、一人目の成長の速さと武具の強化版で錬金術をトレードオフ。
[盗]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」「人間♂」「フェルパー♂」「フェアリィ♂」辺りが適任。
基本アイテムユーザーなので女性や「ホビット」でも行ける。
成長が最も早く扱い易い代わりに上記四パーティとは違い呪文不足に陥るのは弱点。
[詩]…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♀」「フェルパー♀」「フェアリィ♀」辺りが適任。
一人目の殲滅力が[忍]や[修]にはかなわないものの十分高いので
非力で素早い種族でも余裕で女性に出来るのは強み。



マイトズ&ハイドズ
SCOUT ADVENTURE 編


[盗盗]
[野盗]
備考・考察
【[盗盗]】
BCFにおいて成長の速さとアイテム使いの楽しさを知る為のパーティ。
[盗]1…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」が適任、催眠耐性犠牲で「人間♂」「ホビット♂」もあり。
[盗]一人旅と同様でアイテム頼りになり
「ダンジョンマップ固定のローグライク感」が味わえる。
STRの成長次第で[HAMMER*2]になるのは
前述の[野詩]や後述の[野盗]の[野]と変わらない。
[盗]2…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♀」が適任、催眠耐性犠牲で
「リズマン♀」「ドラコン♀」等でも行けるか。
ここは耐久力や火力を取るか、催眠耐性を取るかが悩ましい。
【[野盗]】
[忍盗]よりは作り易いのでちょっとした縛りプレイに重宝しそう。
[野]…[ロール:アタッカー,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」が適任、催眠耐性犠牲で「人間♂」「ドラコン♂」等でも。
地味に極わずかな武器が[詩][盗]より一部優秀で
素体は一応[戦]であるが故にアタッカーになる。
弓矢と防具の弱さからして本当に惜しいクラスと言える。
[盗]…[ロール:アシスタント,ドッジタンク,ハイドタンク,タンク]
「エルフ♂」が適任、催眠耐性犠牲は「ドラコン♂」が限界か。
火力不足を[HAMMER*2]や[SKULL DAGGER*2]
[THIEVES DAGGER*2]等で補えられる可能性から。



ウィザードス&マジックス
DOUBLE PRIEST 編


[僧僧]
[僧司]
備考・考察
【[僧僧]】
以外と火力が高い上に即死呪文が豊富。
[僧]1…[ロール:アタッカー,ヌーカー,ヒールタンク,タンク]
「エルフ♂」が適任、もし催眠より毒が怖いならば
「ドワーフ♂」「ノーム♂」も一考。
[WAR SCEPTRE*2]で思う存分殴ろう。
育つまでは[MAKE WOUNDS]や[BLADES]等が主力。
[僧]2…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ヒーラー]
「エルフ♀」が適任、催眠耐性犠牲の上では「人間♀」「ラウルフ♀」。
[QUARTERSTAFF]で突く、STR次第では
途中から[BULLWHIP]で[HOLY BASHER]まで繋げる。
一人目の[僧]では補え切れない地領域と心領域と魔領域の呪文を習得したい。
【[僧司]】
面白いし弱くないパーティであると思われる。
しかもクラスだけならば、地味にHOM二人旅の
ゲーム開始時と同じ組み合わせなのでノスタルジック。
[僧]…[ロール:アタッカー,ヌーカー,ヒールタンク,タンク]
[司]との兼ね合いで「エルフ♂」が適任。
[僧僧]の一人目の[僧]と基本は同じ。
習得呪文では[司]が覚えきれない分を把握する必要あり。
[司]…[ロール:アシスタント,ヌーカー,ヒーラー]
「エルフ♂」が適任、突き攻撃以外あまり使わないなら「エルフ♀」でも良い。
[僧]が覚えられない魔術に集中すると補完し易くて良い
成長は遅いが[魔]より頑丈なので生き残り易いのは利点。
[BARIK,MABARIKO][LORTO][TILOKAN]マニアには是非
[司]の特性により互いに足りない領域をある程度補えられる。
[僧]は気・地・心・魔領域、[司]は火・水・心・魔領域を中心に習得。



ウィザードス&マジックス
DOUBLE WIZARD 編


[魔魔]
[司魔]
[僧魔]
[錬魔]
備考・考察
【[魔魔]】
Wizardryの題名に恥じないパーティ、火力は最強だが装甲は薄い。
[魔]1…[ロール:アタッカー,ヌーカー]
「エルフ♂」が適任、次点で「フェアリィ♂」だが火力よりも装甲が心配。
[QUARTERSTAFF]や[STEVEofMOON]で叩く。
今まで以上に[MAGIC MISSILE][FIREBALL][ICEBALL]等が
重宝するだけで無く[詩]より習得が早いのも活かす。
最初に[MAGIC MISSILE]を覚えられるとさらに強い。
[魔]2…[ロール:アシスタント,ヌーカー]
「エルフ♀」が適任、次点で「フェアリィ♀」。
[QUARTERSTAFF]でひたすら突く。
一人目の[魔]では補え切れない水領域と地領域と魔領域の呪文を習得したい。
【[司魔]】
[司]が前衛を張る難しいパーティ、火力は[錬魔]よりやや高い。
[司]…[ロール:ヒールタンク,ヌーカー,タンク]
「エルフ♂」が適任。
意外と基本は[僧司]と同じである。
[魔魔]と同様に[ARMOR SHIELD]
[WEAKEN]で身を守りながら戦える上に
[BAOSLO][MELITO][MAHAITO]
[MOGREF,MAMOGREF,PORFIC]
マニアの為のパーティとも言える。
[ARMORPLATE]で戦闘前に
ACを強化出来るのも
[僧魔]と同じで[魔魔][錬魔]に無い利点である。
[魔]…[ロール:アタッカー,ヌーカー]
[司]との兼ね合いで「エルフ♂」が適任。
[魔魔]の一人目の[魔]と基本は同じ。
ヒーラーが前衛にいる分速攻による負担は少ない。
[司]は水・地・心・魔領域、[魔]は火・水・気・地・魔領域を中心に習得。
【[僧魔]】
[僧]が前衛を張るので比較的安心出来るパーティ。
[僧]…[ロール:ヒールタンク,アタッカー,ヌーカー,タンク]
「エルフ♂」が適任、他には「人間♂」「ラウルフ♂」等も。
[僧]自体[司]よりも強いが魔導書からして
偶に融通が効かない場面があるのはありえる。
[僧]でも[ROUND SHIELD]程度は装備したかった。
[魔]…[ロール:アタッカー,ヌーカー,]
「エルフ♂」が適任、他もは「フェアリィ♂」「フェルパー♂」等も。
[魔魔]の一人目の[魔]と基本は同じ。
ヒーラーが目前にいる分、
[魔]の補助魔法や速攻による負担は少ない。
互いに足りない領域を補えられるのは便利で、
[僧]は気・地・心・魔領域、[魔]は火・水・気・地・魔領域を中心となる。
【[錬魔]】
[錬]が前衛を張るので[司魔]よりは安心出来るパーティ。
[錬]…[ロール:ヒールタンク]
「エルフ♂」が適任、他には「人間♂」「フェアリィ♂」「フェルパー♂」等。
[錬]自体[司]よりも強いが習得呪文上の
融通が効かない場面は多々ある。
[魔]の[ASPHYXIATION]用MPを節約する為にもいるし
長期戦の為の[HEAL WOUNDS][ACID BOMB]も活用出来る。
[魔]…[ロール:アタッカー]「エルフ♂」が適任
[魔魔][司魔]の[FIRE STORM]コンボのように
[ACID BOMB]+[FIRE STORM]コンボが可能、
生憎使える場面は狭いものの強力。
互いに足りない領域を補えられるのは便利で、
[錬]は火・水・気・地領域、[魔]は火・水・気・地・魔領域を中心になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿