Google検索

たまごっちRPG
試作極小シナリオ制作
魔法と罠編


アイテムとエネミーに並んでRPGの華とも言える要素。
魔法の効果と種類はクラスの特徴やゲームバランスに関わるので
なるべくよく考えて慎重に選びたい。




魔法の設定


魔法の呪文は「Ultima3+Ultima4以降」を参考に
「サークル(難度LV)8まで、一人の1サークルに二個まで」の制限が入る。
そして全クラスが同じMP量である点を差別化する為に
「クラスタイプ毎に呪文タイプを分ける」事が必要になる。


[FIGHTER]はタイプ3(力魔法)
[BARD]はタイプ2(愛魔法)
[WIZARD]はタイプ1(知魔法)という括りとする。
なお[RANGER]は全てのタイプから一つを選択可能になる。
なのでの適応後のスナップも載せる。

法術魔法
(神聖呪文)
No. 名称 難度
LV
効果 習得率 記憶 制限 系統 消費
MP
効果1 効果2 効果3 効果4
1 1 HELP
ヘルプ
救済
1 14 0 0 0 100 1 2 0 0
1 2 HARM1
ハーム1
無攻撃1/単
1 6 1 10 1 100 1 1 1 1
1 3 CHARM
チャーム
魅了1/単
1 8 1 0 5 100 1 1 2 1
1 4 BLESS
ブレス
祝福
1 5 2 10 0 100 1 1 3 1
1 5 CARE1
ケア1
回復/単
1 2 30 1 0 0 1 2 2 0

魔術魔法
(魔術呪文)
No. 名称 難度
LV
効果 習得率 記憶 制限 系統 消費
MP
効果1 効果2 効果3 効果4
1 1 ANTI-DEMIS
アンチ-デミス
亜人殺し
1 5 3 1 9 100 1 2 0 1
1 2 FIRE1
ファイア1
炎攻撃1/単
1 1 1 10 1 100 1 1 1 1
1 3 SLEEP
スリープ
眠り/単
1 7 2 1 75 100 1 1 2 1
1 4 SHIELD1
シールド1
防御壁1/単
1 10 2 2 0 100 1 1 3 1
1 5 DIRECTION
ディレクション
方位磁石
1 17 2 0 0 0 1 2 0 1

それぞれ5つ目に作った習得率0%の魔法はアイテム発動専用を想定する。
後に作る薬品や書物、宝石等の特定の魔法の品が該当する。


現状のシナリオのクエストはLV1でクリア出来る規模なので
難度LV2(サークル2)以降の魔法は後で少しずつ加える。
無論、この難度LV1(サークル1)の魔法もテストプレイでの調整対象となる。


実施結果
[WIZARD]はアタッカー(攻撃魔法使い)
[BARD]はアシスタント(補助魔法使い)
[FIGHTER]はバッファー(強化魔法使い)
と、大きく役割分担する事となる。
法術魔法 その1

実は低LVで強力な脱出魔法である[HELP]のお陰で
初心者プレイヤー向けシナリオでも、ある程度敵を予定より強くする事が出来る。
習得率0%の[CARE1]は薬品アイテム前提、よって回復は
食品アイテムと回復アイテムで済ませるシナリオとなる。
魔術魔法 その1

[ANTI-DEMIS]はウルティマ3の[REPOND]にあたるので
ランク2以上の獣人族エネミーは他の種族確定となる。
ちなみに習得率0%の[DIRECTION]は、
ウルティマシリーズではおなじみの[GEM]での発動を前提としている。
クラス (2)

魔法の系統分けに伴い修正したもの。
この場合は[対応徳=習得魔法タイプ]型なので
[WIZARD][BARD]の選択肢が広い[魔法適応度]型等を試してみるのも良い。



罠の設定


参考元のウルティマ側(ウルティマ3)の
四種類でも十分間に合う、罠の難易度もLV1で良い。
無理にWizardryに合わせ大量に作る場合は
フロア6以上のかなりの長編を想定しないといけない。
(ミニサンプルシナリオやシーフパラダイス型シナリオ等の例外を除く)

No. 罠名 効果 効果説明
1 POISON DART
ポイゾン・ダート
毒の矢
- 罠の解除を試みた者が毒
2 ACID
アシッド
5 罠の解除を試みた者がダメージ
3 EXPLOSION
エクスプロージョン
爆発
5 全員が少しのダメージ
4 POISON GAS
ポイゾン・ガス
ガス
- 何人かが毒に

クエストが1つだけのひじょうに小さいシナリオだと
丁度ボス戦での対トラップ抽選会専用となるが、しっかり作りこむ。
敵一体による会得経験値の予測値からほぼ確実に
[LV1,低器力・低運力]のキャラクターを扱う状況下なので、
盗賊技能を持つ[BARD][RANGER]すらほとんど引っかかる事になる以上
罠の威力が心配ならば、後にテストプレイ中に調整する事。

実施結果

ウルティマ7以降の宝箱の罠データがあれば
もっと増やせるのだが…… ここは我慢する。



次回は、能力値の補正力とクラス就職への必要能力値の調整に入る。

0 件のコメント:

コメントを投稿